注文住宅は自由度の高い設計が可能〜フリーダム住宅〜

注文住宅の始まり

フローリングの広い部屋

注文住宅の歴史は1960年代から広まり始めます。当時はようやく一戸建て住宅の建設も全国的に広まってきた頃でした。当時の時代背景を考えると経済は右肩上がりで、会社員の給料も年功序列で上がっていきます。住宅を購入する場合でも、できるだけ贅沢な暮らしを実現しようと思っても不思議ではありません。 そこで分譲一戸建てが流行る中、それよりもさらに上質な住宅を手に入れたいという欲求から注文住宅の建設が増えてきたのです。 注文住宅はやがてバブルの頃まで人気が続きます。 バブルが崩壊後は一戸建て住宅の建設が滞り、現在の一戸建て住宅の着工数は全盛期の半分程度まで落ちてきています。ですが、依然注文住宅を求める人は多いのが現状です。

注文住宅の魅力とは自由設計です。自由設計というと、白い紙を渡されて「この中に自由に絵を描いてください」と言われるようなもので、逆にどのような家を作っていいのかがわからなくなりそうですが、実際には注文住宅の中にもいくつかジャンル分けがされています。 例えばモダン住宅です。モダン住宅の中にも和モダンやシンプルモダン、高級モダンなどの種類がありますが、これはそれぞれ明確なテーマがあり、例えば和モダンであれば古き良き日の日本の住宅の良さと、現代住宅の優れているところを掛け合わせた、いわばハイブリッド住宅のようなものです。 価格は設備や装備などのこだわり次第で高くなりますが、その点シンプルのモダンであれば無駄な装飾を一切排除した住宅なため安い価格で作ることが可能なのです。