注文住宅は自由度の高い設計が可能〜フリーダム住宅〜

木造軸組工法のメリット

窓の広いリビング

賃貸住宅を引き払い、注文住宅を建築しようとする場合、学ぶべきことはたくさんあります。それほど奥が深い注文住宅ですが、意外と知られていない工法についても基本程度は知っておきましょう。 住宅には工法と言ってその枠の造りが必ずあります。住宅の工法には大きく分けて2種類ありますが、一つは木造軸組工法と呼ばれるものと、もう一つはツーバイフォー工法と呼ばれるものです。 このうち木造軸組工法は、昔ながらの日本に伝わる工法です。この工法の特徴は、柱と梁で作られている住宅で、その上から壁と屋根を付け加える造りです。メリットはリフォームしやすいことやどの建築会社でも大体この工法で造ることができる点です。 反面デメリットは、工期が長くなることやお金がかかることです。

これに対してツーバイフォー工法はどうでしょうか。この工法の特徴はアメリカから輸入された考え方で、2インチ(5センチ)×4インチ(10センチ)の柱を使ってそこに石膏ボードを埋め込み住宅を造るカタチです。このツーバイフォー工法のメリットは、安定した供給がなされている点で、価格が安いことです。また、木造軸組工法に比べると耐震性に優れている点です。 反面デメリットは、シンプルでありながら独特の造りのため、リフォームなどで間取りの変更が大変な点や、これを施工できる会社が少ない点です。もともと日本に合った工法ではないため仕方がないかもしれ前んね。 いずれの工法もそれぞれ特徴がありますので、注文住宅を建築する場合両者のメリットとデメリットを比較してより目的にかなった工法で注文住宅を建築してみて下さい。